数学の勉強を始めようと思ったとしても、何からやったらいいのか分からないという人もいるでしょう。 そのままの状態で勉強を始めてしまうと、効率の良い勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)が出来ないのです。 まず、数学の勉強は公式を理解することから始めてください。 公式は暗記すればいいと思っている人が多いですが、それではいつ使用してみる公式なのかわからなくなったりするだといえるでしょうし、基本的な問題はできても応用問題が出題された時に答えることが出来ないでしょう。 それに、暗記で覚えた公式というのは、一時的な記憶なので、高校入試までの間に忘れてしまいます。 その為、「なぜその公式でその答えを導き出せるのか?」ということをしっかりと理解する事が大切です。 公式を理解することができれば、どのような応用問題でも解くことができます。 そして、公式を理解した後は、問題集(年度が古いものは中古で買うと安く済むかもしれないです)をひたすら解いていきます。 問題集を解けば解くほど力がついていくので、なるべく多く問題集(一冊を繭り返し繭り返しやることが冊?をこなすよりも大切だといわれています)をこなすようにしましょう。 また、問題集で間違えた問題というのはなんども間違う可能性がありますから、復習も忘れずに行うようにしますー